ホームページへ戻る 遊ぼうメニューへ戻る

干し柿落しゲーム
石つぶてを投げて干し柿を落とすという実は石取りゲームです


 コンピューターとの対戦型ゲームです。コンピューターとあなたが交互に干し柿を落として、最終手番者がどっちかで勝敗を決めますが、最終手番者が勝ちなのか負けなのか、ゲーム開始時はルールが決まっていないという不思議なゲームです。
 
ルール説明
 最初にあなたが[先手]をとるか[後手]をとるか決めて下さい。
 勝敗は最終手番者がどちらかで決まりますが、最終手番者が[勝ち]なのか[負け]なのか、ゲーム開始時は決まっていません。
 干し柿をマウスクリックすると、そのを含む下の干し柿が落下します。また、最終手番者の勝敗が[勝ち][負け]かをクリックしてルールを決定する手も打てます。
 ルール決めも1手と数え、また、ルール決定の手はコンピューターも打てますが、ルール決めは試合中ただ1度だけで、どちらかがルールを決定してしまうと変更はもう出来ません。
 尚、コンピュータの手はで表示されます。
 ステージ総数は10ステージです。




総てのステージをクリアーした後に表示されるKeyWordを下のフォームにてお送り下さい。
全クリアーおめでとうのページで紹介させて頂きます。ぜんぶで10ステージあります。


 KeyWord: (半角英数で入力して下さい)

 お名前:  (本名である必要はありません)

 ひと言: 

        (半角のカタカナは使わないで下さい)


全クリアーおめでとう

最近クリアーした人達です

殿堂入りスペシャルルーム





 
付録:Stage1を使ってもっと詳しくルールを説明します。

最終手番者の勝敗
やり直し勝ち(2)負け(3)
(1)
 あなたが[先手]を取ったとします。あなたの第1手目は次の3通りが考えられます。

(1)1個の柿を落とす。
  ルール決定の手がまだ残っており、次にコンピューターは
 最終手番者の勝敗としてきっと[勝ち]を選ぶでしょう。
  ここでゲームが終了し、最終手番者はコンピューターになりました。
 あなたの負けです。

(2)ルール決めの手で最終手番者の[勝ち]を選ぶ。
  コンピューターは、最終手番者として1個の柿を落とします。
 最終手番者であるコンピューターの勝ち、あなたの負けです。

(3)ルール決めの手で最終手番者の[負け]を選ぶ。
  コンピューターは、残された最後の手、1個の柿を落とします。
 最終手番者はコンピューターとなり負け、これであなたの勝ちです。


ホームページへ戻る 遊ぼうメニューへ戻る